♡Good fit & Smile ♡♡Breast cancer support♡

AYA世代、そしてAYA世代の乳がん

AYA世代という言葉を知っていますか?

Adolescent and young adult:AYA(思春期.若年成人世代)のことをいいます。一般的には15〜39歳です。

乳がんの数は、20歳代から増加し始め、30〜39歳で最も高くなります。絶対数としては、約5%の割合で少ないのが現状です。しかし、がんはAYA世代の死亡原因第一位です。年齢によりがんが発生する部位が異なります。

世界の多くの国でマンモグラフィによる検診による対象は40歳または50歳以上であるため、それ以下の年齢の方が検査を受ける機会が少なく、乳がんの方の多くは患者さん自身がしこりや血性分泌物を気がつくことによりみつかっています。そのために、他の世代の方と比較すると症状が進んだ状態で診断されることが多くみられます。また、AYA世代の特徴としてher2陽性乳がんや、ホルモン受容体陰性乳がん、トリプルネガティブ乳がんの割合が高いです。術後再発の危険性は、年齢よりも診断時の進行度やがんの性質などが関係してきます。AYA世代で乳がんと診断された場合は、遺伝生乳がんを考慮する必要があり、があり手術の方法を決める際にも考慮する方が良いと思われます。

AYA世代の乳がんの患者さんは、仕事、結婚、出産、子育てなどライブイベントを考える時期と治療が重なります。自分の家庭環境、度合い、就労、経済的な状況など個人により異なるため、多様な状況に応じた意思決定が必要になります。

Aya世代 breast cancer breast cancer aftercare breast cancer survivor check yourself がんサバイバー がん治療中 乳がん 乳がんサバイバー 乳がんリスク 乳癌サバイバー 心のケア

← 古い投稿