♡Good fit & Smile ♡

「手術をできない」と言われたらどうしたら良いでしょう

手術は体にメスを入れてがんを取り除く治療法です。早期のがんであれば、手術は効果を発揮します。しかし、がんがすでに全身に広がっている場合や、手術困難な部位にある場合は手術ができないこともあります。手術をしたあとでも、残ったがんから再び再発してがんが現れることもあります。

化学療法は抗がん剤の力でがんの働きを抑える方法です。全身にがんが広がっている場合や、がんが大きい場合に効果的です。抗がん剤でがんを小さくしてから手術することもあります。しかし、副作用に悩まされることがあります。髪の毛が抜ける、怠さ、気持ち悪い症状が出ます。

放射線療法はがんに照射することでがん細胞を減らしていきます。トモセラピーやサイバーナイフ等、日々変化しており、最新機器も誕生しています。術後、再発が起こりうる部位に放射線をらし、がんを根絶する方法があり、再発防止に効果を発揮します。また、全身にがんが広がってしまい、手術にも耐える力がない場合、がんの動きを抑えるために放射線療法をする場合もあります。がんを小さくすることで副作用を最小限に抑えることができます。ほぼ痛みもありません。

放射線療法で誤解がよくあるのが、補助の役割と思われがちです。これは違います。放射線療法は進歩しており、がんに対して正確に放射線照射ができます。手術はがんを取り除くために第一選択になりますが、体に負担をかけることは確かです。体が適応するのに時間がかかります。それなのに、数年後に再発してしまい、手術はできないと言われたら胸が張り裂けそうな気持ちになるでしょう。

手術ができないと言われる理由は、全身にがんが広がっている、取り除くにはリスクが伴う臓器にがんがある、子供や高齢者など体力に不安がある、という場合によくみられます。

手術を選択しない場合、がんを放置しておくわけにはいきません。手術をしない選択をした場合、放射線療法でがんを小さくして、副作用を減らすことができます。手術ができなくても、落ち込む必要はありません。放射線療法はそのような場合の最適な治療法です。

 

Aya世代 breast cancer breast cancer surgery Radiation therapy がんサバイバー がん治療中 乳がん 放射線治療 若年性乳がん

← 古い投稿 新しい投稿 →